❏AGEが皮膚に与える影響は?

・たるみ
・しわ
・シミ
・ソバカス


などなど、女性にとっては恐ろしいことばかりですね!
いずれも病気とは言えませんが、一般的に老化現象と言われます。



皮膚の老化の原因は、タンパク質であるコラーゲンが長時間に渡り、体温で加熱されたり、日光の紫外線で破壊され、
タンパク質がAGE化することで起きています。

一度、変化してしまったタンパク質は、弾力性を失い、たるみやしわの原因となってしまいます。
長い間ずっと体温で加熱された皮膚のコラーゲンはまるで過熱調理された様にメイラード反応を起こします。


それがいわゆる、シミ、ソバカス、くすみです。
そう言われてみれば、確かにシミやソバカスって焼き目色してますよね!

嫌なことにその焼き目色のお肌に太陽が当たることでお肌のAGE化は更に促進されるそうです(T_T)

その主犯はやはり紫外線で、2001年には加齢と皮膚の糖化によるAGEの蓄積や、紫外線量が多いほどお肌のAGE化が進むという論文も発表されています。

つまり、歳をとるほど、日焼けをすればする程、肌にAGEは溜まりお肌の老化は日々進み続ける事になります。

❏お肌のAGE化を抑えるには?


だれでも年は嫌でもとってしまうものだから老化を原因にされるとあきらめモードになります。
しかし、AGE化を遅らせることができる可能性もちゃんと用意されています。

すでに20年以上前に行われたラットの実験において、食事制限を行うことで体内ばかりでなく、皮膚(肌)のAGE量が減少したという報告が発表されているそうです。

この実験では、食事制限をし、過剰なカロリー摂取を抑えたラットは、元気で肌も若々しくなり、なんと寿命も伸びたという結果が出ています。

この結果は、実際に人に対しても同じことが言えるんですよ!
マジで、、

いわゆる長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を呼び覚ますことで、人も若々しくなることができるのです。

このことはすでにニュースなどでも取り上げられていますし、世界中にローカロリー食で若々しく生きている実践者がいることでも証明されています。

思うに肌年齢と寿命は密接に関係している、お肌の若い人は体の中も若く綺麗ということになりそうです!
つやつや、プリプリの若々しいお肌は女性なら年齢問わず皆、憧れることでしょう!

今どき、男性ですら、若く見られたい人は多いのでは?

お肌はコラーゲンとの関係も深いことからも、コラーゲンの糖化が体の中や外において重要なポイントとなりそうですね!

>>「コラーゲンと糖化」についての詳細はここをクッリク<<

お肌も体内も老化の大きな原因は活性酸素ばかりでなく、むしろAge(終末糖化産物)がより影響が大きいのかもと思う今日このごろです。

この記事にコメント

*

トラックバックURL

FX